敬語の使い方 一覧

正しい敬語の使い方の一例一覧

みなさんは、正しい敬語の使い方をしていますか。
敬語は何となく使えていると思っていてもそれが正しい使い方なのかを理解している人は少ないと思います。
敬語には、3つの分類にされていて、尊敬語、謙譲語、丁寧語に分かれています。

 

 

最近では、文化審議会が2007年に敬語の指針が提出されてこの分類が5つに増えています。
謙譲語と丁寧語がさらに二つに分けられました。それぞれの一覧というか一例を挙げていきます。
まず始めは、尊敬語から始めます。

 

 

尊敬語は、目上の人やお客様などを敬って相手の立場を自分よりも上にする言い方です。相手の行動や状態に直接敬意を表す言葉です。
お聞きになるやお話になるなどが一例になります。お+動詞+られるで表現します。
ここで注意点があります。おっしゃるやいらっしゃれるという尊敬語に+られるでは、二重敬語となり逆に失礼にあたりますので注意してください。

 

 

謙譲語は、自分の立場を低くすることで相手を敬う言い方です。
お、ご+動詞+するという表現です。または、動詞+いただくです。
一例としてご案内する、書かせていただく、本を渡していただくなどがあります。

 

 

最後に丁寧語は、言葉遣いを丁寧にすることで相手に対して敬意を表す言葉です。
お礼やお詫びのように単語の前におという言葉を付けます。
また、です、ますやでございますといった表現が一例になります。
二重敬語など注意して失礼のないように使ってください。