二重敬語 御中

宛先に御中を用いた二重敬語に注意すること

ビジネス上で手紙や文書などを送付する機会があります。
例えば取引先に宛てたハガキや封筒や、就職活動でも履歴書などの書類を企業に送付するという場面もあります。
こうした時には、宛名の部分には注意を払うことが何より大切になります。

 

 

例えば一つの企業に向けて送付する場合では、例としては会社名を封筒などの中央に書き記し、会社名の最後には御中という語句を用いて書き記すことが一般的に行われています。
その一方で、会社内の一個人に宛てて文書などを送付する場面では、封筒の中央には会社名を書き、その下のスペースや、会社名の左側などに個人名を記入して名前の最後に様という文字を書き記すことが一般的な常識になります。

 

 

ここで注意をしたいことは、二重敬語になります。
二重敬語で多い事例としては、会社内の一個人に宛てた封筒などで、会社名の後に個人名を書き記し、その後に様と御中を続けて書き記すことです。
はっきりさせておきたいことは、法人の場合では御中を用いて、個人名の場合では様を用いることが常識とされています。

 

 

複雑な例としては、会社内に存在している一つの部署の中の名前の分からない方に文書を送付する場面では、会社名の後に部署名を記入して、最後にご担当者様と書き記すことで解決することができます。