二重敬語 例

やってしまいがちな二重敬語の例

日本語は難しいと良く外国の方はおっしゃいます。
確かに日本人でもその使い方が間違っている人も多いくらいなので、難しい言語と言えるかも知れません。
裏を返せばそれだけ奥の深い、味わい深い言語であると言えるでしょう。

 

そんな日本語の中でやはり難しいのが敬語です。
敬語と言っても尊敬語、謙譲語、丁寧語など色々な種類があり、場面場面で、あるいは立場的にどの敬語を使えばいいのか、迷ってしまう事さえあります。
実際にちゃんと使っているつもりでも、間違った使い方をしている人も多いです。

 

 

謙譲語を使わなければいけないところを尊敬語にしてしまうとかはよくあることです。
そんな中で出来るだけ丁寧にしようとする意識からか、二重敬語を使ってしまうことも多々見受けられます。

 

 

その例を挙げてみます。「部長はおっしゃっていました」を「部長がおっしゃられてました」、「会見をご希望されています」を「会見をご希望になられています」、「先生がお越しになりました」を「先生がお越しになられました」、などが一例です。

 

 

またこの他にも例えば役職に様などをつけるのも変です。
「社長様」なんておかしいですよね。役職そのものが敬語として扱われますので、この場合は「社長」で良いわけです。

 

 

 このような間違った使い方は社会人としてはしたくないですよね。
敬語を二重にしたからといって、その敬意が高まるわけではありません。
二重敬語を使ったからといって、不快に感じることは少ないですが、かえって回りくどいような印象を与えてしまいます。
十分注意しましょう。