二重敬語 おっしゃられる

「おっしゃられる」という二重敬語

まず、二重敬語の見分け方の前に敬語の基礎知識を確認しておきましょう。
敬語の種類は大きく分けると、「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」の三つがあります。
尊敬語は相手または相手を敬って高めるために使う言葉。謙譲語は自分をへりくだって使う言葉。

 

 

丁寧語は尊敬の気持ちをこめて、言葉自体を美しくいう使い方です。
その中でも尊敬語は、「おっしゃる」「いらっしゃる」のように言葉そのものの形を変えたり、動詞に「れる」「られる」をつけたり、動詞の頭に「お」「ご」後ろに「なる」「なさる」「くださる」などをつけます。

 

 

さて、こうした知識を頭に入れた上で「おっしゃられる」という言葉を見ると、なにかおかしいことに気がつきますね。
「おっしゃる」という尊敬語に、さらに尊敬語を意味する「られる」がくっついてしまっているのです。これを二重敬語といいます。

 

 

尊敬語というものは、多く使えばその分敬意を示すことができる、というものではありません。
むしろ、複雑になり過ぎて元の意味が通じにくくなったり、逆に相手に失礼になったりしてしまいます。
何事もやりすぎは禁物、ということです。

 

 

ただし、尊敬語と謙譲語や、尊敬語と丁寧語、などの組み合わせは使ってはいけないものではないので、敬語の使い方をしっかりと身につけて相手に正しく敬意を伝えるようにしましょう。